The minstrel of wandering yousyou - Last Stage - Lineage

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
以前の記事
Twitter
2003年11月2日
ケント城生活がまた数日間延長との状況で、他力本願ながら誠に嬉しい限りです。


ASSASSINに居て、意外と色々な城を経験させて頂いています。

これは喜ばしい限りです。
当然、未経験の場所もありますが、その中でもどれが一番良いか、ということを聞かれたとしたら、僕は恐らく今のケントが一番楽しいと応えます。

僕がケント城を好きな理由は、(勘違いされるかもしれませんが)何もケントケイブが楽しいからとか、収入も経験値も安定しているからとか、狙ってくるPCを考えずに済むからとか、その様な理由では有りません。勿論、これらの理由が無視出来ない程大きい要因となっている事は否めません。

しかしながら、その根底に流れる思いは、別の所にあります。
当時の事を経験されている方というのが果たしてどの程度いらっしゃるのかは不明ですが、以前、僕がBanditsに在籍しており、そのプリadamyが引退する際に最初で最後の戦争を行ったのがこのケント城でした。

その頃、僕は確かLv44です。

当時、「WIZはLv28↑(=ヒールオールが使えるレベル)であればOK(=戦力になる)」と聞かされていました。今のまともな戦争だと、Lv44程度ではお話にならない様に思われますが、本当にそう聞かされていました。
現在の様に、MR100↑+I2H+ADSP前提が前提で、メテオやDIGが飛び交う戦場とは、その趣を全く異としていた様に記憶しています。


その時のケント戦ですが、当時のBanditsはそこまで人数が多くなかった事もあって、所謂「公募攻め」となっていました。adamy引退の公募攻めという事で、かなりの人数が集まったと記憶しています。公募を絡めた事もあり、途中、マステレ拉致があったりと、散々な状況でした。
今となっては、その攻めの状況は、極悪ちゃんHPにその僅かな記録が残されているのみだと思います。


(未だに戦争の事をよく判っていませんが)その時、無知な私がPTを組んで頂いたのは、この様なメンバーだったと思います。
 ・極悪ちゃん(常に赤ネームのWIZ)
 ・SXR(モルルの別キャラElf)
 ・私(WIZ)
 ・あと2名~3名(誰だったっけ・・・?)
確かWIZが妙に多いPTで、振り返って考えてみると、ろくなPTでは有りません。


結局、門すら抜く事も叶わず、終了時間を迎えた戦争でした。

これが僕のリネージュに於ける戦争の原体験です。
この様な理由でしょうか。
僕が今の刹那の城生活を大切にしている理由は。


なんだか真面目に書くと照れてしまいます。


ちなみに、この種の思い出話が始まると、リネージュENDっぽく感じられますが、全くその様な事は考えていません(笑)。
IN時間の殆どをケントケイブと城内で過ごしていて、珍しく狩に集中しており、書く事が無いだけです。
[PR]
by yousyou1208 | 2007-03-26 00:15 | diary
<< 世界が狭いと感じるのは思い込み TOP やっぱり気まぐれ男 >>