人気ブログランキング |
The minstrel of wandering yousyou - Last Stage - Lineage

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
以前の記事
Twitter
油断大敵・・・臥薪嘗胆
余りにINしないと、何かをすっかり忘れてしまいます。
今回はそんなお話です。



以前、拙Blogにも書かせて頂きましたが、私(yousyou)が通常の(≒人目に付き易い)狩場で狩りを行う時は、基本的にMR装備をしています。



勿論、その理由は明白で、DEの辻FB対策です。



それに加え、現在はショートカットが3種類ありますから、それぞれ用途に併せて機能を組み込んでいます(勿論、状況に応じたマイナーチェンジは行っていますが)。


しかしながら今回は、前回が誕生日イベントで適当にDK変身を楽しんでいたせいもあり、またINが空いてしまった事もあり、何も考えずに狩場に向かってしまいました。





相変わらずのお話しですが、狩場で適当に襲われる訳となります。
a0010745_22445443.gif

今回、襲撃してきたお相手は、この方です。




私の知識不足のなせる業ですが、正直この方自身の事も知らなければ、この方がどのクラスかなのかも分かりません。ましてやクランマークからどんなクランかすら分かりません。

唯、即分かったのは、狩場ですれ違った後、しばらくしてきびすを返し、私しか存在しない場所に一直線に向かって来るので、「ああ、またか」という事位です。

取り敢えずDKモーフ時の歩行速度からして、「DEでは無い(DEの可能性が薄い)」という気がしたので、少しだけ安心して、ショートカットをF3(≒被PK、夢幻用)に切り替えます。


 失敗その1:F3が完全に夢幻用のままでした


恐らくナイトでも無い(やはり歩行速度から)し、エルフの可能性も薄いので、あと怖いのはWIZだなぁ、とか考えているうちに、斬り掛かられました。

取り敢えず普通に応戦し、ファンクションキーに登録してあるC-Pスクを適当に使用してみます。が、一向に掛かる気配が無いばかりか、逆にサイレンスを連続で決められてしまいます。

 失敗その2:MR低すぎでした

多分、先方もMPに余裕が無いのだろうなぁ、と思いつつ、サイレンスの効果が途切れるまで適当にACPで耐えている、といってもその時のACPの手持ちが5個という体たらく。

情けないったらありゃしません。



ちなみに今の僕には、ACP*5でも大出費です。

これも悔しいったら悔しい結果です。



サイレンス→サイレンスの間のこちらの攻撃で、先方はCPで光りっぱなしだった事を考えると、もう少し何とかなったのかなぁ、と思います。


残念でなりません。


イレース→(攻撃魔法)、が怖いので、単騎に見えたにも係らずディティクもしましたし、追放ワンドの準備(この仕様が未だ残存しているのかどうかは定かでは有りませんが)も万端でした。
魔石とC-Pスクの在庫も万全(それぞれ前者を75個、後者を25枚)だった事を思うと、非常に悔しいです。


 疑問1:果たして本当に「白Pで光る相手」はその時、際どかったのかどうか知りたいです。

 疑問2:イレース→追放ワンド、の仕様は今、残ってますか?
 結論1:自分で聞け

 結論2:自分で調べろ
これは負け惜しみでも何でも無いのですが、今回の様に斬り合う間に心理戦の様な(変な意味では無い)要素のある襲われ方は、凄く面白いです。


辻FB*1即END、や、DIG*1即END、といった様な意味不明な終わり方をしてしまうより、余程楽しむ事が出来ます。




お互い一言も発せずに斬り合うのも、面白いものです。

頭悪いのを自分から曝け出しているああいう人とかああいう人の様な煽りを経験し過ぎていると、より一層そう感じます。
by yousyou1208 | 2006-07-08 23:02 | diary
<< 他山の石 TOP Breeding of she... >>