The minstrel of wandering yousyou - Last Stage - Lineage

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
以前の記事
Twitter
完敗なのに言い訳する僕(#9)

いや、本当に参りました。

完敗です。

久々にリネージュにINして、ぼけっとするだけじゃ何なので、適当に各地をふらふらしていた時の事です。
どうせ最高級チョコレートは明らかに使い切れないし(某○○○氏の様に24時間メンテナンスまでINしても、明らかに余る個数がまだ残っています)、折角だから最後にBP殴りの爽快感を実感しまくってしまおう、という事で、サモンも連れずにDVやらDVCやらを放浪していました。

DVC1Fで骨*4位でしょうか、相手にしていた時の事です。

突然、少し距離を取った背後から現れる見慣れた名前。

全くロスのない動きで隣接するその見慣れたキャラクター。

ASSASSINにいると良く見掛かける魔法詠唱のエフェクト。

そしてテレポートのエフェクト。

残された横たわる私。。。

恥ずかしいので即リスタして、アジトに佇んでいる僕。。。
殺られてしまいました。

最近、付け狙われていた「骨喰」氏に1FBで。

COIにしろINVにしろ、他者のディティクを挟まない場合、相当なディレイが生じますので、実はこの「ロスのない動き」で「殺る」というのは非常に難しい所です。

つい先日、拙blogで、それこそ101回目のプロポーズの武田鉄矢ばりに「僕はしにましぇーん」宣言をしていた舌の根も乾かぬうちの出来事です。

例えが旧いですね。

恥ずかしい限りです。

多分、ASSASSINにいる方なら、結構な数の方が同じ友人リストの使い方をしていると思うのですが、例えば要チェックキャラクターや、敵対者がいる時、僕もその例に漏れず、友人リストにその名前を入れてあります。

そんな使い方は僕だけですか?

いや、違うはずです。

普通の方であれば、「友人リスト」の枠が足りなくなる時って、仲の良い方が増えすぎていて、その結果リストの枠が少なくなってしまいます。

ASSASSINでは違います。

まず、きのこ様関係で4人分位、自然と使用してしまいます。

それに加えて、殺してやるリスト、これは僕の場合、殺されたくないリストですが、これにかなりの人数を取られてしまいます。

更には、変な事したい時の別キャラリスト(流石に全体チャットでASSASSINが呼びかけていると、あからさまに怪しいですから)とか、そんなこんなで、友人リストは常に殆ど一杯の状況であるはずです。

自然と、もういいや、というレベルの方々は、友人リストから外されていきます。

要するに、かなりの頻度でリストのクリーニングというか、メンテナンスをおこなっているハズです。

その様な、常に新しい状態のリストに記載されているキャラクターになすすべも無く倒されてしまう事の虚しさ。

油断以外の何ものでも有りません。

要反省です。
良く考えてみると、対人で遣られてしまったという公式な記憶(?)は、今まで4回程しか有りません。

 #1:Bandits時代(?)、象牙の塔クラハン中に相対したFireBall2ndのペアに。
    記憶が確かならばナイトとエルフのペアで、WIZ狙いという今考えると至極真っ当に
    狙われてEND。

 #2:同じく多分Bandits時代。カオティック復旧中にふと立ち寄ったロサス島で。
    ロサス島に飛んだ瞬間、DEの1FBでEND。
    多分、WISDEという概念が未だ存在していなかった極初期の出来事でした。
    自己初のカオティックENDです。

 #3:ASSASSIN時代。ちょっと嫌な事があり、戦争でF-S特攻を華麗に決めよう、
    そう思って犬死END。

 #4:今回。


余談ですけど、男って言い訳する時、普段と違って妙に台詞が長くなったり、説明口調になったりしますよね。

「今日、何処行ってたの?」

「あ、ぁぁ、その、大学時代の○○とね、偶然駅で会ってさ、ほら、言わなかったっけ?○○ってさ、大学時代の同じ学科の友達でさ、何か今日知ったんだけど、○○も職場、池袋なんだってさ、良く聞いたら自分の所と凄く職場近いらしくてさ、学生時代によくつるんでたんだけどね、それで懐かしいねっ、って事で超久々に飲んでたらさ、まあ全然変わってないやら、まあ○○はビールっ腹っぽくはなっちゃってたんだけどね、そんなツッコミ入れたら逆に自分の方なんて額とか後退した?とかいわれちゃったりさ、昔からその気はあったんだけど、懐かしい話や近況報告で盛り上がっちゃうやらで終電間際になっちゃうし、やっぱり久々に会うと学生の時みたいに語り合っちゃうよね、金曜の夜だから電車は遅れまくってる上に人身事故で動かないしさ、乗車率200%を超えてたね、あれは、もう身動き出来ないし、嫌すぎだったよ、そもそもちょっと飲もうか、って事になった時にさ、流石金曜の夜だけあってどこもかしこも混んでるし、仕方ないからいい大人同士でその辺の居酒屋ですよ!その居酒屋だって何だか偉く混んでるし、オーダーも全然取りに来ないし、散々だったよ、まあでも久々に飲んで美味かったところが悲しいんだけどね、といっても相変わらずカシスソーダしか飲んでないんだけど、まあ何にしてもまったく職場が遠いとやんなっちゃうよね。。。もうJRキライヨ!」

の様な感じで、聞かれてもいない事をべらべらべらべらとしゃべっちゃってると、怪しさ120%(当社比)ですね。

ちなみに僕の事じゃありません。

僕の場合、普段は聞かれなくても勝手にこの位喋ってるので、全く普通の光景だったりします。

本当ですよ。
という訳で、今回ENDの言い訳が始まります。

・本当に久々で油断してた。

・夜遅かった(27:00頃)のでぼけてた。

・・・・・

・・・・・

これ以上続きません。

という訳で完敗でした。



いや、本当の所だと、やっとMPR装備(?)がそろいつつあったので、テストしてた、という事が最大の原因だと思います。

先日、リネージュの例の話題の本、いや、きっと殆どの人が「本」を買うという感覚が無いあのリネージュ本(きっと殆どの方が「アイテムを買う」感覚ではないでしょうか)を購入出来てしまって、それでちょっとテストしてみようか、と思った次第です。

またまた余談ですが、あのリネージュ本、凄まじく全然売ってないですね。

近所の本屋5件位を探しても無し。

職場近辺で数箇所探しても無し。

結局、某山手線高田馬場駅(某の意味が全く有りません)前の本屋で大量に見つけて、やっとのこと巡り逢えたという裏エピソードがあります。
ちなみにその書店には僕が購入した時点で残り30冊は有るように見えました。

で、その本で貰えるアイテムがMPR+2だというじゃないですか。

これはもうサポート系WIZを志す僕にとっては必須のアイテムになりそうです。

MRの付加は無さそうなので、今からちょっと練習しとこうかな、という事で練習してみようかと言う事が今回のそもそもの発端です。

中途半端にMRを付けても仕方ないので、完全にMR装備を外して見よう

じゃ、これまでそろって装備しなかったMPR+装備を全部付けて、武器持ち替え無しで骨でも殴って見るか

ぉぉ、結構いけるじゃない!DVCでも1F程度なら完全単騎でMP減らずにいけるよぉぉ

僕強いぃぃ

どーん

・・・・・

ばがやぅ


という訳で、本当は続けてアドバンススピリッツを探し続けたかったのですが、MPR+装備を適当に購入してしまったので、アデナが有りません。

BUY アドバンススピリッツ 出来るだけ安く offerplzzzzzzz

それでも言い続けます。
[PR]
by yousyou1208 | 2006-02-26 21:57 | died
<< ごめんなさいごめんなさいごめんなさい TOP 詐欺の手口について考える僕 >>