The minstrel of wandering yousyou - Last Stage - Lineage

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
以前の記事
Twitter
<   2007年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧
candy candy
想像通りというか、予想通りというか、ハロウィンイベント3週目はキャンディがかなりの数、必要になっていました。
しかしながら必要な作業量を想像すると、早くも気が遠くなりそうです。

(以下心の中での葛藤)---------------------------------------------------------

・事前の心積もりは?
→最近、イベント時には収集アイテムを売却してアデナを貯めて来た。
 なので今回位はイベント満喫のために全部交換する方向で考えよう。

・キャンディと種の単価は?
→キャンディは3週目開始直後に値上がりして、@1k
 種は(作業が絡むことから)少し高く、@2k

・種を得る作業量は?
→床置きorドラッグでの渡し。
 ジャックオーランタンを探す手間はほぼ無い(腐るほど存在する)。
 明らかに狩を通じての作業でキャンディー→種の変換を全てこなすのは困難。

・床置き時の特徴は?
→複数床置きし、呼び寄せたものから順に叩く事が出来ない?
 (1体を叩いている間は他の個体はキャンディーを拾いに来ない?)
 叩いている途中にタゲ取り後、ドラッグも不可?
 (1体ずつこなすしか無い?)
 タイガーや紀州犬の子犬テイムに挑戦してる人はこの作業が得意そうなイメージ。

・1時間に得られる種は@150個/1h程度位かな?
→キャンディー換算で150k。
 種換算で300k。
 時給として考えた場合、非常に優秀。

・1時間に得られるゴールドパンプキンは@2個かな?
 1時間に得られるシルバーパンプキンは@3個位?
→ゴールドパンプキンは@175k程度の売却価格を確認。
 シルバーパンプキンについては確認出来ず。
 種の売却価格と比較した場合、パンプキンの方が高値での売却が可能?
 その反面、買い手が付かない可能性がある?(種の方が売りやすそう?)

・ブロンズ→シルバー→ゴールド、の繰上げ狙いでブロンズに交換?
→ブロンズ(種10):シルバー(種50):ゴールド(種75)で換算。
 ブロンズ7.5個に1個はゴールドに格上げさればければ赤字。 
 (計算上、シルバー3個に2個がゴールドにならなければならない筈)
 明らかにそこまでヒキが強くない筈。

・アデナがあっても買えないものが多い?すぐ欲しいものも取り敢えずは無いし・・・?
→時給換算を前提での作業は無意味?

・ゴールドパンプキンからのアイテム出現率が判明しつつあった時点で再検討する?
→その時点では良くありがちな闇パッチで確率は変動している筈。

・そもそもゴールドからレア引けるヒキがあるのか?
→今迄の事を考えると、リネージュのヒキは極めて弱い。

・種売却?
→「レアが引けたかも・・・」と、イベント終了後にくよくよ悔やんでいる自分が想像出来る。

---------------------------------------------------------(以上心の中での葛藤)

という訳で妥協案ですが、「取り敢えず可能な限りキャンディーを種に代えておいて、様子見」という、極めて優柔不断な結論となりました。

しかしながら、このキャンディーは、どれだけ狩をすれば種に変換し終わるのでしょうか。
[PR]
by yousyou1208 | 2007-10-31 10:06 | diary
予想予想
遅ればせながらハロウィンイベント2週目を終了させました。
馬鹿正直にイベントを進行させていると、妙に時間を必要としました。
特に僕は方向音痴です。
イベントMAP中のNPCを捜索するだけでも、少なからずの時間を要していました。

イベント進行中は、「失敗した料理」(SS保存し忘れ)を渡されてもう1回最初からとか、「おまえに安息を与えよう」でEND(同じくSS保存し忘れ)したりと、ろくでもない体験を挟みつつ、なんとか終了にこぎつけた感じです。

という訳で再び24h接続市場放置の日々が続きます。


3週目のイベント内容はどうなるのでしょうか?
僕はこの様な予想をしています。

 ・キャンディーと、ブロンズ/シルバー/ゴールドの各種パンプキンを交換
 (以前のハロウィンイベントのイメージ)
 ・ゴールドパンプキンを開けると、極低確率でレアアイテムが入手可能
 (最近の箱イベント+EpiU魔法人形の箱の伏線、のイメージ)
 ・その他、各地にジャックオーランタン&BOSS出現

最近のNCJは、イベントアンケートの結果を次回以降のイベント時に反映させる事を比較的、意識していそうなので、「以前好評だったハロウィンイベント」+「最近好評だったイベント」を盛り込んでくると勝手に思い込んでいます。

外れても別にどうでも良いですが、これだけこんなあてにならない予想を元に、キャンディー入手のために放置しておいて、3週目でキャンデイーを使わない場合、大損(した気分)になる事は目に見えています。
[PR]
by yousyou1208 | 2007-10-25 10:18 | diary
ストーリーテラー
ある物語です。
この物語を知っていますか?


世界のどこかの海に、一つの島がありました。


海に囲まれた小島で、森の豊かな、とても綺麗な島です。

その島にあるたった一つの村に、少年が住んでいます。


その少年は、1匹の犬を飼っていました。
犬は、人間で例えればもうおじいさんです。
その少年が、まだまだ本当にちいさいときから、その犬と一緒に暮らしていました。

だから、少年と犬はとてもなかよしです。
少年は犬をとてもかわいがっています。
またその犬も、少年によくなついていました。


しかし、その少年には悩みがありました。


ちいさい頃から、少年は、犬と一緒に散歩するのがだいすきでした。
でも最近、犬が、散歩に出かけるのをとてもいやがります。
村から一歩も出ようとしないのです。

少年のおかあさんは言います。

 「もうおじいさんなんだから、散歩もしたがらないのよ」
 「あまり無理させちゃだめよ」

でも少年は納得できません。

友達と一緒に遊びたい。
そんな思いで少年はいっぱいです。
その小さな島の小さな村で、少年と犬は、たった一人といえるともだちだったのです。


 「なんで散歩に行きたがらないのかな・・・」
 「おかあさんの言うとおり、元気ないのかな・・・」
 「もう僕とあそんでもおもしろくないのかな・・・」


少年は、しんぱいでなりません。


そんなある日、その島に一人の旅人が立ち寄りました。


少年は旅人に、悩みを打ち明けます。
するとその旅人はいいました。


 「僕が調べてきてあげよう」


理由はすぐに分かりました。


少年は、とてもトカゲがきらいです。
そして島を被う森には、少年がきらいなトカゲがたくさんいたのです。


犬は、少年がこのトカゲをきらいなことをしっていました。

なにしろ、少年がちいさいちいさい頃から一緒にいる、ともだちだからです。
そして、その少年が大きらいいなトカゲがいっぱいいることも、また知っていたのです。


その犬は、

だいすきなともだちが怖い思いをするのが嫌で、

だいすきな散歩をがまんしていました。



少年と犬は、たった一人といえるともだちです。


記憶を掘り起こして書いたので、細部は定かではありません。
このお話し、分かる人どの位いるのでしょうか。
僕は、ちょっといい話だな、と思って、記憶していました。


毎回、リネージュのイベントが開催される度に、思う事があります。

 「イベントモンスどこ?」
 「イベントNPCは?」等々

自分自身も、中々IN時間が確保し辛くなっている現状で分からないでもないですが、もう少しバックストーリーとか、その類のものを楽しむ余裕が必要ではないかと思ったりしています。



余りにも効率を求め過ぎる余りに、折角のコンテンツを見逃してしまっては勿体無いです。



ちなみに、冒頭で思い起こしながら書いた話は、PIのクエストの一部のストーリーです。

攻略本風(?)に記載すると、この様な感じになるのでしょうか。

 1.PI村のNPC「ドイル」に話しかけ、クエストをスタートする。
 2.PIの「ブルーテイル」を倒し、「ブルーテイルの皮」を入手する。
 *「ブルーテイルの皮」はトレード可能なので購入すると早い。約30K程度で購入可能。
 3.PI村にいるNPC「ドイル」に「「ブルーテイルの皮」を渡す。
 *「宝の地図の切れ端」入手でクエスト完了→次クエストへ。

確かに非常に早い展開が期待出来ますが、何だか味気有りません。



∴「攻略通信に載ってないよ」を前提に話するなばが。
 それで単調だのつまんないだの言うなばが。
 分からなかったら自分で調べようとしろよばが。
[PR]
by yousyou1208 | 2007-10-24 15:01 | memo
私の異神の釜の神様は貧乏神っぽいです
飽きてきた感のある「異神の釜」ですが、一応気付いた時にクリックし続けています。
丁度、放置プレイ推奨イベント(=ハロウィンイベント)中で、何時でもPCの前に立てばリネージュ画面、という環境にあったので、比較的、釜のクリックもし易かった気がしました。
尤も、それでもクリックを忘れてしまうので、どうにも仕方有りません。


余談ですが、リネージュにINするための最大の障壁は、PCの電源入れる→リネージュ立ち上げる、だと今回改めて気付きます。たったこれだけの作業が面倒に感じている関係で、睡眠>>>リネージュ、という位置付けになっていると思いました。


で、異神の釜です。


色々、聞いた話によると、エントの実やら、イビルブラッドやらも登場するとの事です。
しかしながら僕の釜からは出現する気配すらありません。
ワールド内には、釜100個とかそういう単位でクリックしている方もいるというのに、釜1個でアデナを稼ごうとか、ずうずうしいにも程があるのは承知の上ですが。
それでも諦めず集計していこうかと考えています。


今の所、釜から出現するアイテム群と出現数は以下の通りだと思われます。
サンプル数:56件
 ■(01件01.8%)全体チャット推奨(パンケーキ)
 ■(18件32.1%)J素材(バナナ/オレンジ/リンゴ/卵/レモン/キャロット)
 ■(22件39.3%)ジュース(バナナJ/リンゴJ/オレンジJ)
 ■(09件16.1%)ヘイスト用アルコール(ワイン/ウイスキー)
 ■(05件08.9%)回復用パン(きつね色のパン/黒こげのパン)
 ■(01件01.8%)ワッフル(ワッフル/エントの実)
 ■(00件00.0%)イビルブラッド
まるでKRの実験並みにサンプルが少なく、検証にならない結果です。


おおよその傾向だけ分かりそうな感じでしかありません。

 ・ジュースかその素材だけで50%を越える。
 ・上記以外、かつイビルブラッド以外の期待値は等しい可能性がある。
 (サンプル数が少ない関係上、現在は誤差で大きく範囲が広がっている)


殆ど信憑性の無い数値ですが、それでも無理矢理、信頼区間の中央値(サンプル無しについては楽観的予想含む)を見ると、イビルブラッド(1%)、各J(13%)、その他(5%)、程度の出現率なのではないか、と予想出来ます。


自己満足企画なので、別に参考にならなくても構わないのですが、私の性格的には少ししこりがあります。今後、釜についてどうするか考えて見なくてはなりません。

 1.釜を追加購入(現在1個のみ)してサンプル数を増やす
 →採算合わなかったらそれこそ性格的に無理
 2.いっその事現在所有している釜も売却し、しがらみから脱却する
 →イビルブラッドにもお目に掛かっていない現状ではもったいないお化けがでそう
 3.このまま地道に継続する
 →一番無難です


よって3番に決定です。
[PR]
by yousyou1208 | 2007-10-22 17:14 | memo
ビーグル天国
結局、放置プレイが24hを超過しています。
ログインしている様な、していない様な、妙な気分です。
キャンディー獲得数も、ログイン時間で算出可能です。
よって今一つ気分の高揚感がありません。


先日、ハロウィンイベント前にふとラミ浜に立ち寄った時のひとコマです。
ちなみに私、ラミ浜には良く顔を出しています。
a0010745_9275790.jpg
久々に見た、見渡すばかりの、出稼ぎ外国人のマクロと思しきビーグル連れエルフの大群に出会いました。余りに量が多過ぎて、吐き気すら催します。実際には画面外にも同数かそれ以上のキャラクターが存在していたので、その風景はSS以上に異様でした。


出稼ぎ問題が沈静化している(ように見える)現状です。
しかしまだまだ根は深いのかもしれません。
[PR]
by yousyou1208 | 2007-10-19 09:27 | diary
箇条書きのマジック
ハロウィンイベント、第1週目が開始されました。


まともな予習もせずお使いイベントをこなすと、ゆうに2h程度は消費してしまいます。
それでも何とか第1週の最終形態である「シルバーパンプキンハット」(でしたっけ?)を入手し、大人気無い24h接続を試みようと思った今日この頃です。


という訳で、yousyouは大部分が市場放置という状態となっております。
今迄とあまり変化が無いように見えるのは気のせいでは無いかも知れません。
呼び掛けに反応しなくてもその様な理由です。

ご容赦下さい。


ASSASSINに関する記述です。
 ・一般的に「悪いクラン」とサーバー内の大多数に認知されている。

 ・そのプレイスタイルの関係上、サーバ内で所謂「敵対」となる血盟も多く存在する。

 ・通常の「狩り」の様な行動よりも、非マナーに属する行動の占める割合が大きい。
  もしくはその為だけに存在している。

 ・執拗な嫌がらせ行為を繰り返すプレイスタイルが指摘されている。
  またその行為により引退したプレイヤーも少なからず存在する。

 ・規約違反とされている外部ツール使用の噂が絶えない。
  またその様な行為に関する(比較的多数の)目撃証言がある。

 ・(同様に)規約違反とされるRMTに関与していると言われている。

 ・ワールド内で開催されるイベントには頻繁に参加する。
  しかしながらその参加趣旨は「イベントを利用して嫌がらせを行う」にある。

 ・所謂「出稼ぎ」と称されるプレイヤーとの関連が指摘される。
  また「出稼ぎ」キャラクターに成りすます行為がある事が指摘されている。

 ・攻城戦の場面には頻繁に登場する。
  しかしながらその参画方法は一般的なものではない。
  その多くが未布告の状態での「嫌がらせ」行為に属される。

 ・接続時間は非常に長い。
  その為、通常とかけ離れた生活をしている事が頻繁に指摘される傾向にある。
  一般社会で言う所の「ニート」と評される事が多い。

 ・またその生活習慣から、プレイヤー本人は「デブ」「ブサイク」「キモい」と類型される。
  その風評の多くはステレオタイプで語られている事が多い。

 ・匿名掲示板で頻繁に活動しているとされている。
  その活動の多くは(前出の)敵対血盟に対する中傷となっている。


ある血盟の特徴を並べてみました。
明らかにASSASSINの特徴を表現している事がお分かり頂けると思います。


では、これを他のクランに置き換えるとどうでしょうか。
例えば○○(アルファベット2文字で省略される血盟)に当て嵌めてみます。


すると驚くことに、多くの共通項で語る事が可能です。


即ち、両者は①同種の存在である、②同一の存在である、③前者が後者を(もしくは後者が前者を)模倣している、のいずれかに結論する事が可能です。

∴ASSASSIN=○○


実際には両者は同一では無い事は明確です。

この様な、不一致の両者を同一に見せ掛けようとする論理上(文章上)のテクニック(レトリック)は、「箇条書きのマジック」と称されます。


もう1例。
これは一般的な例です。
「箇条書きのマジック」を説明する際に良く用いられます。
------------------------------------
有名な映画『E.T.』は、ある日本文学の作品に酷似している事が指摘されています。
以下はその具体的な類似点となります。
 ・不思議な光の発見者が、その後、主人公と遭遇する事で物語は始まる。
 ・主人公は異型の人物として描写される。
 ・主人公の正体は宇宙人である。
 ・発見者は主人公を保護する。
 ・発見者は主人公の事を近しい存在(肉親、親しい友人など)に打ち明ける。
 ・発見者と主人公はストーリーの進展に伴い、その親睦を深めていく。
 ・しかし、主人公はいずれ発見者の元を離れなければならない。
 ・主人公の噂から主人公を入手するために多くの人間が登場する。
 ・しかし主人公は発見者の元を離れようとしない。
 ・やがて主人公の母星からの使者が登場する。
 ・使者は光に包まれた宇宙船で登場し、主人公を連れて母星に戻る事となる。
 ・代表的な場面として、月を背景に主人公達が描かれる幻想的なシーンである。
この日本文学作品は、正式名称の他に、『E.T.』と同様、主人公の名称がタイトルとして用いられる事が多く、こちらの方がより一般的な名称として認知されています。
ここまでの一致は偶然とは言い難い事は明確です。

しかし残念ながらこの日本文学の作者は既に他界しています。
またこの文学作品は、残念ながら『E.T.』の製作国であるアメリカや、その他欧米諸国での認知度が非常に低いです。
この様な偶然とは言えない一致が確認されているにも関わらず、『E.T.』の盗作疑惑を指摘する者は殆どいないのが現状です。


この日本作品は『竹取物語』所謂『かぐや姫』です。
事前に『竹取物語』(『かぐや姫』)と明示されていないこの場合、こうしたレトリックによって、両者の類似点が箇条書きにされてしまうと、その結論までが真実となり得てしまう危険性を孕んでいます。

勿論、この『E.T.』を『竹取物語』の盗作だ、と指摘する人間はいないでしょう。
------------------------------------

如何でしょうか。

より「箇条書きのマジック」が理解出来るのではないかと思われます。


この、状況対人論証(circumstantial ad hominem)を理解せずに行動してしまった場合、前述の「箇条書きのマジック」のロジックに陥り、凄まじい誤解と、歓迎せざるべき同一視を生み出しかねないという点は、特に注意しなければならないでしょう。


それがASSASSINを毛嫌いする対象によってもたらされる場合、同一視される事により、結局、その対象は「同じ穴の狢」となります。

a0010745_95884.jpg
イベントMAPのアイドロンと、ブリザードで延々と遊んでいるASSASSINに対して、メイプルを振って嫌がらせに勤しむ某血盟員の図。



a0010745_131977.jpg


∴ASSASSIN=○○
[PR]
by yousyou1208 | 2007-10-18 07:18 | diary
慣れない事は面白い
公式HPを見ると、何やらまたイベントが幾つか告知されていました。

 2007.10.17(水) 宝くじ当選番号発表
 2007.10.20(土)-2007.11.19(月) ネットカフェキャンペーン
                       *20h超でb-zel*3+b-dai*1
 2007.10.16(火)-2007.10.22(月) #1ハロウィン
 2007.10.23(火)-2007.10.29(月) #2ハロウィン
 2007.10.30(火)-2007.11.05(月) #3ハロウィン

理想形は、(12月に向けてのネットカフェキャンペーンが再度実施される可能性も考慮し)2007.10.20(土)-2007.10.22(月)の期間でネットカフェで20h超を過ごし、獲得権利を得た後、ハロウィンイベントに勤しむ、という形だと思います。

無理に決まってます。

勿論その前に、宝くじでとんでもない商品がGET出来ればなお理想です。
なんだか最近、リネージュにINすると狩をするシーンが多く目に付きます。

今回も、某DE氏と、これまた珍しくBOSS狩などと洒落込みました。


船の墓場とかで大王イカを食すの図。
a0010745_1665429.jpg
b-zelが出たので美味しかったです。
この大王イカに出会う前、半漁人の長とやらに遭遇し、ペア相手が即死しました。
愛嬌というのには厳しすぎます。


精霊の墓でマンボラビットと出会うの図。
a0010745_1674639.jpg
こんな精霊魔法初めて見ました。


帰り際にもう一体遭遇するの図。
a0010745_167775.jpg
さっさと帰ろうとしていた私を引き止めてくれて感謝です。
同じくプチレアがDROPです。


遭遇する度に美味しい思いをさせて頂きました。


癖になりそうです。


しかし狩り日記ってのは書いていても全く面白くありません。
[PR]
by yousyou1208 | 2007-10-16 16:10 | diary
船の墓場で篭ってたのに
珍しく狩りをする時は、極力空いている狩場に向かっています。
船の墓場なども、その一つです。

しかし最近、マイナーアップデートのせいで日誌のDROP率がUPしたのと、トレジャーモンス(?)の存在が確かになってしまったのとで、混んで来ました。
a0010745_219573.jpg
こんなアデナ落とすモンスターです。


狙われる事も増えてきたので、またそろそろ狩場を変えようかと思います。

たまたまPIにいた時に、発見されて呼んでもらいました。
a0010745_220483.jpg
倒す事に意義がある。
そう思うしかないです。
[PR]
by yousyou1208 | 2007-10-15 02:20 | diary
第二次インドシナ戦争
第二次インドシナ戦争、所謂ベトナム戦争は、事実上、圧倒的な国力を背景としたアメリカの利益圏拡大戦争と見る事ができます。


(アメリカ自身もそう目論んでいた通り)ベトナム戦争はその圧倒的な国力差を背景として、短期決戦で終焉を迎えると思われていました。

しかしながら、実態はその予想を大きく裏切り、約10年もの長期に渡る戦争状態を継続した後、事実上のアメリカの敗北(パリ協定締結によるアメリカ軍撤退)で終末に向かって加速します。


白眉と思えるのは、偏にその膨大な戦力差に対抗する戦略の徹底にあったと思えます。


戦争の長期化は、アメリカ国内に厭戦感を蔓延させました。
また短期決着に執着するあまり、強引な戦術へと転換したアメリカの手法は世論の反発を招き、国際社会で猛反発を受けます。

徹底して正面抗争を避けるその戦術を貫き通す事で、戦争を長期化させた事が、事実上のアメリカ敗北を招いたといえます。


一般的に、圧倒的な戦力差がある場合、その戦術は限られてきます。
その手法は様々です。
日本でも桶狭間における奇襲などはその典型と言えます。


唯一言える事は、
 「戦力差が明確な場合、正面で対峙しない」
これに尽きると思います。



「どうせ殺しても鍵しか落とさない捨てキャラだから放置」

嘗てASSASSINは、例え赤ネームであってもこの様な扱いだったように記憶しています。


例えばカオティックになった際の対処方法としての基本的リスクマネジメント、即ち、被PK時にDROPする各種アイテムを大量に所持するといった様なカオティック時の立ち振る舞いの基本を、愚直に実行していたはずです。


またそれ以前に、そこそこのLvのキャラクターは、「死なない」という基本が成立していたと記憶しています。勿論、現状のリネージュの仕様として、物理、魔法に限らず、与ダメージ絶対量は増加しています。同時に周囲のキャラクター平均レベルも向上しています。故に古の理論がそのまま通用するとは決して考えていません。


しかしながらその様な理念が、最近揺らいでいる様に感じられてなりません。


正攻法で正面切って対峙しても、到底勝ち目は有りません。
真面目にやれば、運が良ければ、もしかしたら、と勘違いしている人がもしいたとしたら、それは大きな間違いです。ASSASSINには絶対的な力が不足している、この認識をまず持たなければならないと思っています。


また折角、
 「卑怯」
 「チキン」
 「自殺」
 「旗際戦法(笑)」
 「赤ネームトラップ」
 「雑魚」
 「ニート」
 「引きこもり」
 「ピザ」
等々がサーバー内でイメージ的に認められている(笑)、唯一の稀有な血盟なのですから、それを使わない手は有りません。


無駄にEXPロストしない。
無駄にアイテムDROPしない。
無駄な消費は避ける。



基本を再確認する必要があるのかな、と思います。


ろくにyousyouがFPKに参加していないので書き捨てな文章になります。
思った事を脊髄反射で書き留めた駄文です。
流してください。
特に意図的な内容ではありません。
[PR]
by yousyou1208 | 2007-10-12 16:30 | diary
こいつは初めてに近い
思う所あり、汚染された祝福の地に僅かばかりの時間ですが篭りました。

殆ど人を見掛ける事の無い彼の地で狩りをしていると、ここがMMORPGの舞台である事を忘れてしまいそうです。クランチャットが無かったら、まるで気分はコンシュマー機です。

途中、まともに殴ったのはほぼ初めてなスピリッドと名乗るBOSSを発見。
a0010745_1475176.jpg
結構頑張ったんですが、どうにもこうにも無理っぽいです。

死に掛けて一旦魔方陣に逃げ込むと、討伐しに来たっぽいPTがいたので、後を追いかけ再度チャレンジします。結局、そのPTも追い返されてしまい、何も美味しい事も無くその場を後にしてしまいます。

聞く所によるとこのBOSS、HPは10000超、HPRも5秒毎に200とか300だとか。
明らかに無理だと身に染みた今日この頃です。
[PR]
by yousyou1208 | 2007-10-09 01:47 | diary
TOP