The minstrel of wandering yousyou - Last Stage - Lineage

最新の記事
以前の記事
Twitter
<   2007年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧
僕の中のダークサイド
ケントケイブに気軽に行けなくなってから、どこに行けば良いか分からなくなりました。
またまた放浪の時間がやってきたという感じで、意味不明に狩場へ出没しています。

Iceageさんの電気粘着に協力したり(これは別に付き合うというよりも、僕が唯一リネージュで嫌いな血盟が電気なので、積極的に協力する、という表現の方が正しいです)、火山麓で意味不明クラハンをしたりと、それなりに楽しんでます。IN時間が僅かである事が難点で、勿論、Lv的な問題から、なかなか嫌がらせレベルを脱する事が出来ない事も確かです。





と、この記事を完成させてから、ふと全文を読み返すと、余りにもリビドーに溢れた内容だったので、公開前に該当部分を削除しました。


このあたりの事は、リネージュを止める時にでも書き直す事にします。




という訳で、何か面白い事無いですか?
と思ってASSASSIN関係のblogを読み漁っていたら、ふと目に付いたのがこの記事。
(前略)
強いてどちらかに付くとしたら・・・まぁパンドラかなあ。
阿頼耶識がHuberに交渉するとか言ってたけど多分ネタだろう。
つーか無理。
もし交渉通ったらメイド服で山手線1週してやるわ。
(後略)

某棒線氏のblogの過去ログなんですが、どうですか?
ASSASSINがそういう事になったら、「メイド服で山手線1週」してくれるそうですよ!!

めちゃめちゃ面白そうじゃないですか。

面白く無いですね。
ごめんなさい。
[PR]
by yousyou1208 | 2007-03-30 12:57 | diary
世界が狭いと感じるのは思い込み
相変わらずリネージュには深夜にログインします。
お気に入りのケント城はどうやら奪還されてしまった様です。
リアル仕事時間の都合上とはいえ、戦争時間に全くIN出来ない身分としては、これだけの長期間、城生活を満喫させて頂けただけでも幸運です。


これに伴い、面白さを感じていたケントケイブへ気軽に出入りする事が出来なくなってしまいました。ケントケイブ自体は開放されていたのですが、所属クランの関係上(笑)、気軽に立ち寄ると何が起こるか判ったものでは有りませんので、今迄同様に通う訳にもいきません。


思いつきで考えたのが、傲慢の塔です。
今迄(自分ルールで縛りを設定しながら)、傲慢の塔へ通っていましたが、実は行った事のあるフロアというのは限られていました。
 01F階層:-◎◎◎◎-◎◎◎◎
 11F階層:◎◎◎◎◎-◎○○○
 21F階層:○○○○○-○○××
 31F階層:◎◎◎◎○-○○○○
 41F階層:◎◎△××-××××
 51F階層:◎△◎△△-△×××
 61F階層:◎△△△×-××××
 71F階層:×××××-××××

 ◎:単騎(犬、サモン連れ含む)で狩りをした事がある
 ○:PT、ペアハンで狩りをした事がある
 △:通過した事がある(単騎/PTを問わず、狩りをした事がない)
 ×:行った事がない
全く分かっていませんが、81Fより上層階は取り敢えず行けるとかそういうレベルで無いとして、このあたりのフロアを制覇するというのは、良い暇潰しになるのではなかろうか。

取り敢えず登って見る事にします。

10F迄は問題無く辿り着く事が出来ました。
a0010745_10286100.jpg
途中、18FでこんなDROPがあります。
当然、呪われています。
a0010745_10282090.jpg
20Fに到着しました。何とかなっている様です。
a0010745_10282818.jpg
DROPのあった21FSCを使用して21Fに飛びます。

28Fでレッサーデーモンとイフリートの大群に追い返されます。
a0010745_10283493.jpg


取り敢えず今回はここまでしか辿りつけませんでした。

 01F階層:-◎◎◎◎-◎◎◎◎
 11F階層:◎◎◎◎◎-◎◎◎◎
 21F階層:◎◎◎◎◎-◎◎××
 31F階層:◎◎◎◎○-○○○○
 41F階層:◎◎△××-××××
 51F階層:◎△◎△△-△×××
 61F階層:◎△△△×-××××
 71F階層:×××××-××××
赤字の部分が今回到達したエリアです。


意外とこのあたりのフロアまでは一人でも何とかなる事が分かりました。
何だか行動範囲が広がったみたいで楽しい試みでした。
[PR]
by yousyou1208 | 2007-03-28 10:28 | diary
2003年11月2日
ケント城生活がまた数日間延長との状況で、他力本願ながら誠に嬉しい限りです。


ASSASSINに居て、意外と色々な城を経験させて頂いています。

これは喜ばしい限りです。
当然、未経験の場所もありますが、その中でもどれが一番良いか、ということを聞かれたとしたら、僕は恐らく今のケントが一番楽しいと応えます。

僕がケント城を好きな理由は、(勘違いされるかもしれませんが)何もケントケイブが楽しいからとか、収入も経験値も安定しているからとか、狙ってくるPCを考えずに済むからとか、その様な理由では有りません。勿論、これらの理由が無視出来ない程大きい要因となっている事は否めません。

しかしながら、その根底に流れる思いは、別の所にあります。
当時の事を経験されている方というのが果たしてどの程度いらっしゃるのかは不明ですが、以前、僕がBanditsに在籍しており、そのプリadamyが引退する際に最初で最後の戦争を行ったのがこのケント城でした。

その頃、僕は確かLv44です。

当時、「WIZはLv28↑(=ヒールオールが使えるレベル)であればOK(=戦力になる)」と聞かされていました。今のまともな戦争だと、Lv44程度ではお話にならない様に思われますが、本当にそう聞かされていました。
現在の様に、MR100↑+I2H+ADSP前提が前提で、メテオやDIGが飛び交う戦場とは、その趣を全く異としていた様に記憶しています。


その時のケント戦ですが、当時のBanditsはそこまで人数が多くなかった事もあって、所謂「公募攻め」となっていました。adamy引退の公募攻めという事で、かなりの人数が集まったと記憶しています。公募を絡めた事もあり、途中、マステレ拉致があったりと、散々な状況でした。
今となっては、その攻めの状況は、極悪ちゃんHPにその僅かな記録が残されているのみだと思います。


(未だに戦争の事をよく判っていませんが)その時、無知な私がPTを組んで頂いたのは、この様なメンバーだったと思います。
 ・極悪ちゃん(常に赤ネームのWIZ)
 ・SXR(モルルの別キャラElf)
 ・私(WIZ)
 ・あと2名~3名(誰だったっけ・・・?)
確かWIZが妙に多いPTで、振り返って考えてみると、ろくなPTでは有りません。


結局、門すら抜く事も叶わず、終了時間を迎えた戦争でした。

これが僕のリネージュに於ける戦争の原体験です。
この様な理由でしょうか。
僕が今の刹那の城生活を大切にしている理由は。


なんだか真面目に書くと照れてしまいます。


ちなみに、この種の思い出話が始まると、リネージュENDっぽく感じられますが、全くその様な事は考えていません(笑)。
IN時間の殆どをケントケイブと城内で過ごしていて、珍しく狩に集中しており、書く事が無いだけです。
[PR]
by yousyou1208 | 2007-03-26 00:15 | diary
やっぱり気まぐれ男
リネージュにINしたのは深夜になってしまいましたが、相も変わらずケントケイブでの穴倉生活が続いています。アデナもコンスタントに@100k/1h以上の収入があったり、EXPも頑張れば@1.0%近辺まで稼げたり、その他消耗品が自分では使い切れない程DROPされたりと、何も文句を言えない狩場です。


それ以上に何を置いても重要なのは、妙な邪魔をされずに集中出来るという点です。


私の場合、PCに斬り掛かられたり、矢が飛んできたり、魔法が飛んできたりと、全くもってスリリングな狩が楽しめるのですが、この種のプレッシャーとは無縁の場所で遊ぶ事が出来るというのも、また違った楽しみがあるものです。



と言っている舌の根も乾かぬうちに、今度は別の欲望が沸いてきます。





レアが欲しいです。





とんでもないレアが欲しくて欲しくてたまらなくなります。
勝手な希望を言えば、①自分で必要としないレア(=売却してアデナを得る事が可能)で、かつ②とんでもないレア(=アデナ換算で)、が欲しくなります。

まったく、男というものは勝手な生き物です。


という訳で、出掛けてみたのがこのフロアです。
a0010745_323662.jpg
41F階層です。

物凄く単純な思考回路なのですが、ここで「ドラゴンの心臓」なるものを手に入れようという、絵に書いた様な無謀(?)な思考です。

真実の所では、自分で挑戦した事のない、レッサードラゴンと対峙してみたい、その様な欲求があった事もまた否めません。

そもそもこのフロアでゴーストとゴーレム以外、相手にした事すらありません。
むしろレッサードラゴンのブレスに焼き払われて布切れになってしまうのがオチです。
大体、しょぼいWIZでレッサードラゴンを殴っている風景など、殆ど見た事が有りません。



と思っていたのですが、これが実は何とかなってました。
同時に2体迄が限度ですし、小心者な防御体制になっていた為かもしれませんが、狩が出来てしまいます。


物凄く意外です。


小1時間ばかりの間、このフロアに滞在していましたが、DROPはといえば、宝石類とか、
a0010745_3231638.jpg
各種スクロールの類やPOTという感じで、レアなどとても望めませんでした。
a0010745_3232618.jpg
a0010745_3233318.jpg
こんなスクロールが光っていても、少しも面白くありません。
(多分このフロアで狩をしている方にとっては当たり前なのでしょう)
a0010745_3233725.jpg
むしろ他のものヨコセ、という感じで腹が立ちます。



恐らく、普通にEXPやアデナを追求するのであれば、WIZが単騎で来るべき場所ではないのでしょう。
しかしなかなか楽しい挑戦でした。
[PR]
by yousyou1208 | 2007-03-23 03:23 | diary
相変わらずケントケイブ、しかし
パチスロ好きな人種というのは、大概、2種類に分かれる様な気がします。
・爆裂大好き人間
 → 好きなタイプのスロットは北斗やら吉宗やら。
   とにかく爆裂マシン大好き。
・まったりプレイ派
 → ノーマルAタイプこそスロット。
   好きな機種はジャグラーとか。5号機も悪くない。
僕はどちらかというと後者(=ノーマルAタイプ大好き)なのですが、ふと考えるとこれは僕のリネージュの狩のスタイルにも現れている様な気がします。


最近、久々に「狩をする楽しさ」を満喫しています。
・従来 → 6:3:1=放置:ロサス島:その他
・現在 → 3:5:2=放置:KC:MLC
要するに今迄、IN時間の7割方が意味不明行動であったものが、現在は狩の時間に割り当てられており、少し真面目にリネージュをプレイしている、といった状況である訳です。


どうやら僕はケントケイブの様なタイプの狩場が大好きな様です。


大きなレアこそ望めないものの、確実にアデナや消耗品を稼ぐ事が可能で、投資も比較的少なめで大怪我をするリスクが少ない狩場です。
僕にとっての蟻穴と、凄く感覚的に似ている様に感じられます。
・蟻穴DROP
 :b-Zel or b-DAIが上限。
  n-zelやn-DAIはコンスタントに得られる。
・KCDROP
 :ケントアーマーやケントスタッフが上限。
  ケントヘルムやケントシールドはコンスタントに得られる。
・パチスロ純Aタイプ 
 :せいぜい数珠連が上限。
  単発BIGやREGはコンスタントに得られる。
何か似てる様な気がしませんか?
数10Mレベルの超レアDROPこそないものの、プチレアであればコンスタントに期待可能で、消耗が少ない、という点で共通項が見出せると感じられました。


クランキーコンドルで本格的に「スロットで稼ぐ思考」(*注1)を身に着けてしまった私の様な人間は、「丁寧な作業を積み重ねさえすれば確実に日銭が稼げる」事にある種の魅力を感じてしまっています。

(*注1)クランキーコンドル
 ユニバーサル販売(今のアルゼですね)の4号機純Aタイプスロット機。
 山佐のニューパルで一般的に認知された「大量リーチ目」に加え、「子役回収打法」や「リプレイはずし」といった、現在であれば当たり前の「スロットの技術」を打ち手に要求させたスロット機。
 驚くべきは、これらをほぼ完璧に実行しさえすれば、「設定1でも機械割100%オーバー」、即ち、「確実に勝てる」スロットであったという事です。
 設置当初は高設定台が放置されていたり、マイナーリーチ目で捨てられていた台を結構目にしましたが、この様な仕様の関係から、全台設定1が当たり前の台でした。
 それでも真面目に撃てば勝ててしまうのだから奥が深いです。



いい加減、そろそろケント城生活もピリオドを打ちそうですが、それまでは十二分に活用させて頂きます。


尤も、スロットの原体験がアラジンであったり、リノやコンチのセットであったり、サミーコピー打法であったり(*注2)するので、いつ気まぐれを起こすか判らない事この上有りません。

(*注2)リノやコンチのセット、サミーコピー打法
 今ではおよそありえなさそうな「必勝法」があったスロット機があったんです。
 特に「サミーコピー打法」発覚の発端はなんとあの「2ch」でした。
(2chにそのヒントがかなり以前から書き込みされていた)
 色々な意味で驚かされる事が多いです。


次の瞬間、気まぐれで他の狩場に姿を現しているかもしれません。
[PR]
by yousyou1208 | 2007-03-22 09:54 | diary
防衛にも参加しないで美味しい所だけ甘える男かもしれない
現在の戦争開催時間は、残業が嵩んだり、仕事帰りにリネージュにINする私の様な男には、参加も厳しい様です。
尤も、高火力が大挙して押し寄せてくる今の現状には、到底顔を出せない非力さを併せ持っています。哀しい限りです。


恐らくKENT城生活も最終日だと思い、メリットは最大限に利用しようと目論んでいました。
ケントケイブはもとより、テレポーターを利用しての四賢者探索など繰り返してみます。


何より、道を覚えるのが非常に苦手な男なので、MLC4Fなんてかなりランダムテレポート運が良くないと辿り着きません。
覚えようとしない自分が悪い事は分かっています。


運良く単独で遭遇したMLC4Fの四賢者。
バルタザール&セマ&カスパー
a0010745_9595561.jpg
メルキオールは何もくれませんでした。


帽子とか帽子とか帽子とか記念に下さい。
そんな思いでいっぱいです。
その様な思いを遺しつつ、KENT城を後にします。



・・・


・・・


・・・


???



深夜にINし、血盟帰還スクロールを使用すると、再びそこはKENT城でした。

どうやら防衛(?)に成功した様です。


再びKENT城に甘える事にします。



再度運良く単独で遭遇したMLC4Fの四賢者。

バルタザール&セマ
a0010745_0373052.jpg

メルキオール&カスパーからのDROPはありませんでた。


幸運にも単独で発見する事が出来たのですが、哀しい程の殲滅力の遅さから、後続組にDROPを持っていかれている様でした。


しかしながら、普段なかなか体験出来ない事に挑戦出来るだけでも、その甲斐があります。
[PR]
by yousyou1208 | 2007-03-19 03:28 | diary
ご存知ですか?
5周年記念イベントもほぼ終了しましたが、まだ残されているイベントがあります。
公式HPの「5周年記念花火」と「コイン」の付与というものです。

聞くところによると、知らなかった方が多い様なのですが、この「花火」と「コイン」、公式HPからの申込を必要としています。
a0010745_41594.jpg

最近、出稼ぎ対策かどうなのかわかりませんが、公式HPから申込→特典付与、という流れが出始めている様な気がします。
以前、実施された「リネージュガールブロマイドプレゼントキャンペーン(の様な名前のキャンペーン)」でも、公式HPからの申込という形式で、この時はn-zelか何かが全員プレゼントに近い形で副賞として添付されていたと記憶しています。

まだ申込を済ませていない方は、さっさと申し込んでしまいましょう。


以上、公式風の更新でした。
[PR]
by yousyou1208 | 2007-03-18 04:23 | diary
どこに隠れた、オリム!この裏切り者め!
自分の中ではありえないですが、BOSS狩りの日記とか書いてしまいます。
城所有のメリットとして、テレポーターの活用というものがあったのを思い出しました。

慣れない経験なので今更ながら活用しているのですが、KENTの場合、ギランケイブ2Fやメインランドケイブ4Fへのテレポートが可能です。

仕事の関係で深夜にINしたのですが、例によってケントケイブの巡回を終え、ふとその事に気付き、またまた例によって各地を放浪してみました。
時間は*:15分頃の事です。

明らかにカスパタイムは終了しているハズ(自信無し)なので、深く考えずにランダムテレポートを繰り返していると、何時まで経ってもオリムを見つけることの出来ない方向音痴4人集に遭遇しました。


初めての単独4体セットに挑戦です。



メルキオール
a0010745_10223976.jpg
バルタザール
a0010745_10215094.jpg
セマ
a0010745_1023979.jpg
カスパー
a0010745_10221738.jpg



自分の中での順番は、以下の様な感じなのですが、
バルタザール(MPR+5)
メルキオール(INT+1)
セマ(MP+15MPR+2)
カスパー(MP+25)
万が一間違えちゃって極レアがDROPしちゃった日のアデナ収入を考えて、頭の良さそうな人から倒して見ました。
*既にBOSSじゃなくてDROPで計算してしまっている所が、貧乏人の所以です。




無駄な努力でした。



空も当然、と聞かされていたので、DROPが有っただけマシなのでしょうか。
普段こんなのと出会わないから全く分かりません。


しかしながら、こういう体験をするとBOSS狩りを行う方々の苦労には頭が下がります。
出現時間がおよそ判明しているとはいうものの、何時出現するか分からない相手を延々と待ち続ける努力。
また、確実にDROPされるとは限らない、というよりも無駄足の方が(恐らく)限りなく多い挑戦にリスクを犯しつつ挑む姿勢。

そしてそれを実行する事が許されるIN時間。


リネージュをプレイしている事それ自体で,自分が真っ当な社会人とは思っていませんが、到底真似の出来ない所作です。
[PR]
by yousyou1208 | 2007-03-14 10:23 | diary
ケントケイブ満喫
ASSASSINでKENT城をGETした様で、ケントケイブを満喫しています。
ケントケイブって、真面目に狩りをするのは実は2回目程度です。

本当に何も考えずに狩場に向う事が出来るので、楽で楽で仕方ありません。

普段の僕であれば、MPRが最重要視される狩場(ex.51F etc)であっても、MRを重視した装備とか、画面内のモンスターよりも画面外のPCとか、凡そ狩場とは関係の無い事ばかりを気にして狩りを行っています。

これを何も考慮しなくて良いという事がこんなに楽だという感覚は久しぶりです。

運が無いと、この程度の収入しか得られないですが、それでも私には嬉しい収入です。
a0010745_98310.jpg
a0010745_98930.jpg
*重さに耐え切れず、2回に分けて換金しています

運が良ければ時間当たりケントスタッフ2本とか出ていましたので、消耗品が基本不要で、安全な狩場としては、非常に優れている様に思えます。

以下は4h程度の概算です。(1F限定)
 ・EXP
   @0.9%~@1.1%/h
 ・Item
   古い皮袋*@110/h
   古い絹袋*@040/h
   遺物の袋*@025/h
 ・メリット
   消耗品ほぼ不要
 ・デメリット
   レア可能性皆無  
 ・ショートカット
   F05:A-CP     
   F06:きつね色のパン
   F07:古い皮袋
   F08:I2H
   F09:G-H
   F10:範囲魔法
   F11:Inv
   F12:血盟帰還Sc
ショートカットは、F5、F08~F12までは通常の狩場で使用しているものとほぼ同様です。
F6及びF7は、収入状況の確認と、最悪の場合の緊急退避用にセットしています。
一度練習してみましたが、F7押下→F6補充→F6押下、という流れで、ワンクッション置く必要があるものの、現地調達したPOTを使用する感覚です。

I2Hは、私程度の極小HPのWIZで1回使用といった状況でしたので、ほぼ未使用で過ごす事が出来ると思います(1回は、サキュ*3、サラ*4程のBOX中に、ケル*2、馬*2が流れてきてしまい、怖かったので、緊急回避に使用しました)。
「集めて殲滅」ではなく、「BOXされない様に」時間差を作る感覚で範囲魔法を詠唱しておけば、使う必要は無いと思います。

感覚的には「痛い蟻穴」という感じで、DROP量を楽しみつつ滞在する事が出来ました。


物珍しさに4Fに、これまた珍しいクランハントと洒落込みました。
a0010745_981587.jpg

流石に2Fより下は痛い狩場です。
アリオクは居ませんでした。

なんだかんだ言って、結局ロサス島に行ってたりします。
a0010745_975698.jpg


ケントケイブが楽しいので、次も城を取って欲しいと思います。
(超他力本願)
[PR]
by yousyou1208 | 2007-03-13 09:08 | diary
act like that / airhead
先に確認しておきますが、僕は決してそういう人じゃ有りません
単純に、暇潰しに思った事を書いているだけです。
日本のゲイマーケットは、実は馬鹿にならない規模です。
通常、日本に於けるマーケティング戦略を考える際に、ゲイの積極的購買層はおよそ300万規模で試算されます。この数値の是非は兎も角、マーケティング上無視出来ない規模である事は確かです。

少し前から、この、ゲイマーケットという考えは、市場戦略上、(公式ではないにせよ)マーケティングに利用されるようになっています。

例えば「GAP」というブランドが、「GAPはGay and Proud(*1)の略」、というまことしやかな都市伝説を利用して、自らレインボーカラー(*2)を広告戦略に取り入れた事は周知の事実ですし、最近で言えば「アバクロンビー&フィッチ」がブラッド・ピットやデイビッド・ベッカムをイメージに利用し始めたのが有名な例です(*3)(*4)。
*1「Gay and Proud」
  無理矢理意訳すれば「ゲイですが何か?」の意。

*2レインボーカラー
  某テラウサス(苦笑)氏が30kの値札付で放置された、
  新宿2丁目で良く見られる配色(笑)
  ゲイのイメージカラー。

*3「アバクロンビー&フィッチ」
  本来、アバクロはルーズベルトやケネディといったVIPイメージでした。
  2004年頃にゲイの間で人気が急上昇したのを受け、戦略転換してます。
  (ベッカムもブラピもゲイには人気ですね)
  日本では浜崎あゆみを利用(これはゲイマーケットとは無関係)。
  そろそろ日本法人設立の時期だったっけ?。
  忘れました。

*4「西海岸のGAP、東海岸のアバクロ」っていう言葉があるんですが、
  両社とも同じ戦略を取り入れてるのは、それだけむこうじゃメジャー
  な手法なのでしょうねぇ。

何いきなり私はこんな話を始めてるのかというと、テラウサス(苦笑)氏と敵対(?)している某氏のblogを拝見していたら、何だか懐かしい名前を見掛けたからなのです。

ちなみに本当に今回の文章には含みも何も無いです。
繰り返し強調すると必死っぽいですが、本当です。
誤解されそうなので念のため繰り返し書いておきます。
a0010745_10402839.jpg
*某お笑いクラン所属厨WIZの卒業アルバムを撮影
 出身がバレるhhh

久々に見ました。
平井堅ガチホモ説。
いやぁ、踊らされちゃってますね。
研音からしたら、これ程消費者がイメージ戦略に嵌ってくれたのを確認出来れば、万々歳です。

この事務所のゲイイメージ戦略って、実は反町隆史の時に「BeachBoys」で半分成功しているんですよね。この時は分かりやすい「竹野内豊」というキャラクターを使ってました。残念ながらその後「GTO」で見事、この戦略をぶち壊し(*5)てくれましたけど。
*5戦略ぶち壊し
 ・BeachBoysで人気
 ・GTOで人気
 ・松嶋菜々子と噂になっちゃった後の凋落 
 振り返ると、完全に失敗だった事が分かりますね。

で、今回の彼の場合は、特定のキャラクターでは無い、一般的なイメージを利用しようと考えられた訳です。その結果、彼は馬鹿売れしました。

学生時代のプロフィールなんて、都合のいい様に書き換えられまくりです。
(ブルース研究会なんて居なかっただろw)

まあ、何が言いたいかというと、
「平井堅もいいけどヒライケンジの方が面白い」という事です。(意味不明)


どうせ踊るなら自分のリズムで踊りたいものです。
*NC(J)の戦略に乗せられてイベントで楽しみまくってた人間の説得力の無い言葉です。
[PR]
by yousyou1208 | 2007-03-12 09:22 | diary
TOP